7月6日(日) 13時25分(a)
----------

目が覚めると、そこはベッドの上だった。しかし、僕の部屋ではない。
いつもの布団よりごわごわしていて、布地が少し固かった。

周りを確認しようと頭を動かすと、

「いつ……っ」

後頭部がずきずきと痛んだ。
右手でその部分にそうっと触れてみると、いつもと違う感触がそこにあった。
どうやら包帯を巻かれているらしい。

「起きたか、西森少年。ここは病院だよ」

声のするほうに目を向けると、ベッドの脇に置かれたパイプ椅子に深神さんが座っていた。
深神さんは、本を片手に持っている。いままでそれを読んでいたのだろう。

「気分はどうだ」
「気分……」

どうだろう。
ぼんやりとした夢を見続けて……、ようやく目が覚めた、そんな気分だ。

「今日は……七月六日ですか?」
「そうだよ。七月六日」

そして深神さんは開いていた本を閉じ、自身の腕時計を確認する。

「十三時二十五分。看護師を呼んでこようか」
「いえ、その前に……、深神さんが知っていることを、すべて教えてください」

どんなことが起こって、いまどうなっているのか。

深神さんはベッドに備えつけられているミニテーブルの上に置いてあったボトルの水を、
同じように置いてあった紙コップに注いだ。

「とりあえず、飲みなさい」

深神さんに支えられて上半身を起こし、水を飲んだ。
長時間常温に置かれていたらしい水は、生ぬるかった。

「君は、どこまで覚えている?」
「ええと……」

深神さんにたずねられて、自分の記憶をさかのぼる。
……"こちらの世界"の僕の記憶。七月五日の、僕の記憶。

「……僕は自分のマンションの部屋にもどりました。そうしたらそこには、深神さんがいた」

そして人の部屋で勝手にコーヒーを飲んでいたわけだが、そこは省略するとして。

「会話の途中で、深神さんが僕に銃を向けて……、そのあとからは、なにも覚えていません」
「あの時、私が銃を向けたのは君ではなかった」

意外なことに、深神さんはそう僕に告げた。

「私が銃を向けた相手は、君の後ろに立っていた"村崎みずき"だ」

息をのむ。
あの時、僕の背後にみずきがいたというのか。

深神さんがあんなに鋭い目をしていたのは、背後のみずきを牽制(けんせい)していたせいだったのか。

「しかし、私がなにかするよりもはやく、彼女はゴルフクラブを君にふり下ろしてしまった」
「ゴルフクラブ……」
「君が倒れたそのあとは、私が彼女を取りおさえて、そのまま警察に引き渡した。
彼女は少し精神を患っているようだったから、犯罪としては処理されないかもしれないが」

そして深神さんは、僕に深く頭を下げた。

「すまなかった。今回のことは、私の説明不足だった」
「いえ。……深神さんの忠告を聞かなかった僕がわるいんです。……緋色は?」

深神さんが首を横にふった。

「まだ見つかっていない。……今となっては言いわけのようになってしまうが、
"村崎みずき"の存在を私が西森少年に隠したのは、緋色に頼まれたからだったのだ。
なぜそのようなことをするのか理由は教えてくれなかったが、
思いつめた表情をする彼女の頼みを、私は聞かないわけにはいかなかった」
「そうだったんですか……」

三日前に世界を巻きもどした彼女は、僕を救うためにひとりで戦っていたのだ。

「僕とみずきを会わせたくなかったのは、緋色だったんですね」

みずきと出会えば、僕はまた、みずきに殺されてしまうから。
緋色は僕を守ろうと先手を打っておいてくれたのに、……僕が余計なことをしてしまった。

「失踪前に、緋色はすることがあるから、少し出かけると言っていた。
その時に、たとえ短い時間でも、西森少年がひとりになることをさけてほしい、と頼まれたのだ」

しかしそれきり、緋色は帰ってこなかった。
だから深神さんは"村崎みずき"があやしいとにらみ、そのあとを追ったのだ。

頭のなかに散らばった情報を整頓する。
そもそもの事の始まりは、僕が"巻きもどる前の世界"で"村崎みずきに殺された"ということだ。

そして死んだ僕は、あの延々と続く"七月七日の世界"へ閉じこめられた。
村崎みずきがその時、"巻きもどる前の世界"で死んでいたのか死んでいなかったのかはわからない。

ただ、"七月七日の世界"と"三日前に巻きもどした世界"が同じ効力を持って存在することによって、
"死んでしまった僕"と"生きていた僕"が同時に存在し、結果あのような事態になってしまったのだと思う。

そしてみずきは、緋色が世界を巻きもどしたことを知っていた。
『向こうの世界で先輩をもう一度殺そうと思っていたのに、その女がじゃまをした』とも言っていた。

つまりは"三日前に巻きもどした世界"……この、いま僕や深神さんがいる世界で、
彼女たちはすでに、出会っていたのだろう。

そして緋色はすがたを消して、"じゃま者"のいなくなったみずきは僕をふたたび殺すため、僕のマンションまでやってきた……

「……僕はばかだ」

僕は頭を抱えた。

「緋色に……僕のために戦ってくれていた緋色に、僕は最後まで、なにもしてやれなかった」

僕は何度も選択をまちがえた。

……そもそも僕が、
おとなしく死んだままでいれば。

しかしそんな僕に、深神さんは言った。

「私もすべての事情を知っているわけではないが……、西森少年はわるくない。不運が重なったのだ」

深神さんはやさしかった。
僕はうなだれながらも、深神さんにたずねた。

「緋色は……、村崎みずきに殺されたのでしょうか」

深神さんは黒の帽子を、深くかぶり直した。

「わからない。村崎みずきはもう、まともに会話ができる状態ではなかった。
ただ、殺されたというのなら、死体が必ず見つかるはずだ。それが現時点では見つかっていないわけだから、望みはまだある」

深神さんのその瞳には、ぎらぎらとした強い光が宿っていた。
ぜったいに諦めないという意思。実現させるためのちから。

ああ、どうして忘れていたんだろう。
この人はいつだって、正しい道を行く正しい人だった。

ぐらぐらと、ゆらゆらと揺れている僕とはちがって。

こんなに素敵な人だから、
緋色もハルカも、この人を上司に選んだのだ。



<<前のページ  【きみひとり】にもどる  次のページ>>