なぞ(a)
----------

中央広場のベンチにベルナデットとふたりで座っていたは、
郵便屋がふらり、と家から出てくるすがたを見かけた。

「あ、郵便屋さん。……どうしたんですか? なんだか、顔色がわるいようだけれど」
「僕はだいじょうぶです」

郵便屋は両目を片手で覆いながら、にたずねた。

は……」
「郵便屋さん!」

ちょうどそのとき、が走ってきた。
全力で走ってきたのか、息を切らせて顔も青い。

「郵便屋さん、たいへんなの! フィリーネさんが……!」

郵便屋はそれを聞いてすべてを察したようで、うなずいた。

「……アルノとロミィは、いま、教会へ行っています。僕が呼びに……」
「ばかものめ」

ベルナデットが強い口調で郵便屋に言った。

「そんなことは、私がする。郵便屋ははやく、フィリーネのもとへ行け!」
「……ありがとうございます、ベルナデット」

郵便屋はこんな事態のなかでも、に向かってほほえんだ。

「それでは、行きましょうか」

+++++

ルイスの家に向かうあいだ、はゆめで見たことを郵便屋に話した。

「あれは、ほんとうにあったことなんですか? 郵便屋さんは、いったい……」
「……森の言い伝えの話を、まだしていませんでしたね。
森の神さまは、どんな願いでも叶えます。そしてその代償に、"永遠の悪夢"を与える。
……フィリーネは生き返ったあと、僕のことを覚えてはいませんでした。
僕はというと、かなしみや、怒りといった感情がわからなくなってしまいました。
この不自然な状態のまま老いることもなく、生き続けること。それが神さまが僕に与えた、悪夢なんです」
「そんな……っ!」

は涙ぐんだ。

「好きな人を助けたいって願うきもちに、どうしてそんな罰を与えるの!?」
「いいえ、。神さまは、僕の願いを叶えてくれました。これは罰ではなく、取り引きの代償です」
「だとしたって、あまりにも残酷だよ……!」

そしてルイスの家の前に着くと、は足を止めた。

「……?」
「私、ここで待ってる。……郵便屋さんは、フィリーネさんのところに行ってあげて」

はぐすぐすとはなをすすりながら、郵便屋に行った。
郵便屋は苦笑すると、の頭をそっとなでた。

「……ありがとうございます」

郵便屋はそう言って、ひとりでルイスの家のなかへと入っていった。



<<前のページ  【色あせた手紙】にもどる  次のページ>>