おねがい(f)
----------

そのあと、郵便屋の家に帰ったきたに、 いっしょに帰ってきたベルナデットがまず、

「……この、大ばかものが!」

とどなった。

ロミィはすでに部屋で休んでいる。
アルノは、今晩はルイスの家に泊まるということで、この家にはいなかった。

「あの話を聞いた上で、のこのこと森の神さまに会いに行くやつがあるか!
しかも実際に会ってきて、約束を交わしただと!?」
「で、でも、ベルナデット。ぼくたちの記憶がもどりさえすれば、
郵便屋さんとベルナデットの呪いを、神さまが解いてくれるって……」
「その代わりに、ふたりがおぞましい悪夢を見るはめになったらどうする!?」

ベルナデットが声をふるわせたかと思うと、ぼたぼたと大つぶのなみだをこぼした。

「そんなことで呪いが解けても、私はぜんぜん、うれしくない!」

ベルナデットはうしろを向いて、それきりこちらに顔を向けようとはしなかった。
そんなベルナデットのとなりで、郵便屋がしずかに言った。

「……わかりましたか、。 あなたたちはあなたたちが思う以上に、危険な行いをしたんです。
今後は無茶をしないと、約束してください」
「……すみません……」
「それと」

郵便屋はわずかにほほえんで、言った。

「……フィリーネさんの葬儀は、あさってです」

そんな郵便屋にかける言葉を、は見つけられなかった。
そしてベルナデットの記憶があしたもどるということも、 はとうとう、最後まで言い出せなかったのだった。



<<前のページ  【色あせた手紙】にもどる  次のページ>>