エピローグ(a)
----------

が目を覚ましたのは、図書館のなかだった。
蛍光灯が明るく館内を照らし、本だなにおそまった数々の本は、種類別にこまかく分類されている。

ここはもちろん、ライナスの街の図書館ではない。
たちが記憶をなくす前に暮らしていた……、そしてもちろんこれからも暮らしていく、たちの街にある図書館だった。

ぼんやりとした意識のなか、がつぶやいた。

「……ゆめ、だったの?」

そのときは、自分が紙ぶくろを手にしていることに気がついた。
開けてみると、なかから出てきたのは小さな宝石が埋めこまれた、花のかたちをした髪飾りだった。

がはっとして、となりの席のを見た。

の手には、一通の封筒がにぎられていた。
それはあのとき郵便屋から受け取った封筒によく似ていたが、
何十年も経ってしまったあとのように、外側はずいぶんと色あせていた。

封の部分を指先でこすり合わせると、ぱり、とのりが簡単にはがれる。
が封筒のなかをのぞくと、そこに入っていたのは色あせた二枚の葉っぱだった。

極度に乾燥していた葉っぱは、封筒から出したとたん、ぱらぱらとこなごなになってしまった。
はあわてて、こまかくなった葉っぱを整えて、もとのかたちにもどそうとした。

「……ねえ、お兄ちゃん。葉っぱに、なにかが書いてあったみたい」

が葉っぱに顔を近づけながら、言った。

「見たことのない文字だけれど……」

は、文字がつながるように、一部分を手でつなげみた。

「……たぶん、あの世界の文字だ。向こうの図書館で本を見たからわかる。
……あのときはたしかに読めたはずなのに、いまは読めなくなっているな……」

ふたりはそれから、顔を見合わせた。

「……ゆめじゃ、なかったんだね」
「うん、……ゆめじゃなかったね」

そしてふたりは、自分の目の前の机に置かれていた、一冊の本に目をやった。
ぶ厚く大きな深い緑色の本で、表紙は布でできていたが、タイトルは書かれていなかった。

「お兄ちゃん、見て。これ……」

がページをめくると、そこにはある街に住む、郵便屋の話が書かれていた。

「ぼくたちがいままでいた世界の、物語……」

も数ページめくったあと、最後までめくり終える前に、その本をぱたりと閉じた。

「……この先を読む必要はない。だって彼らはいつまでも、しあわせに暮らすに決まっているんだから」

そしては、その本を本だなへともどした。
そのとき、がはた、と図書館の壁にかけてある時計を見て、青ざめた。

「……って、お兄ちゃん! もうすぐ閉館時間! ……図書館が閉まっちゃう!」
「げ、夜の七時か……、待って、ぼくたちって、図書館になにしにきたんだっけ?」
「勉強をしにきたんだよ! あぁもう、ぜんぜん宿題が終わってない!」
「ぼくもまだ、レポートが……」

は荷物をまとめると、あわてて図書館から出て行った。

そのあと、図書館の職員が電気を消して、館内は非常灯の緑色の明かりだけとなった。
そんな薄暗い図書館のなかで、が本をもどしたはずの本だなには、

……もうどこにも、あの緑色の表紙の本は見当たらなくなっていたのだった。



THE END
----------
2005年、短編として擱筆【森と手紙とポテトアップルパイ】
2012/02/26 長編版擱筆
2012/04/18 加筆修正
2013/06/28 加筆修正、レイアウト変更
2015/11/12 加筆修正、レイアウト変更



<<前のページ  【色あせた手紙】にもどる