04:いくつめの事件(d)
----------

「……好きなように推理を始めろと言われても」

深神は大げさなため息をついた。

「この事件の"犯人"を本気で探すというのなら、さすがの私にももう少し、時間がほしい」

それから深神は、桜子にたずねた。

「ひとつ聞きたいことが。このパーティの招待状を手配した者は?」
「私の部下たちがひととおりチェックして、このパーティにふさわしいお客さまへ送ったはずだわ」
「しかし、実際には"お客さま"にはふさわしくないわれわれにまで、招待状が届いている。ご丁寧にも犯行予告のカードまでそえられてね」
「……この犯行予告のことね」

桜子が、深神からすり取ったままだったカードを、ポケットから取り出した。
深神はそのカードを指差して言った。

「つまり、その送り主こそが犯人か、少なくとも事件の関係者だろう。
いそいでわれわれの招待状を手配した人間について、調べてください」

桜子はだまってカードの文面を見つめていたが、やがてため息をついた。

「……なあんだ、推理もしないで、ただの情報収集だけで解決してしまうの?」
「解決するかもしれないのだから、もっと喜ぶべきですよ、赤月代表」

しかし桜子は、不満げな態度をかくさずに言った。

「……しかたがないわね。高松、あしたまでに、彼らの招待状を手配した人間を調べて」
「かしこまりました」

高松がこくりとうなずいた。



<<前のページ  【海はその謎解を望むのか?】にもどる  次のページ>>