7月5日(土) 13時03分(b)
----------

頭のなかで、なにかが弾ける音がした。
こみ上げてくる気持ちのわるさに、口元を手で押さえる。

「ごめん……ハルカ。少しのあいだ、ひとりにさせてくれないか」
「ああ? おう……だいじょうぶか? オレの部屋、使う?」
「ありがとう」

僕は枕代わりにしていた自分の鞄を引っつかむと、
ハルカの部屋に逃げるように駆けこんだ。

部屋にはキーボードが置かれており、周囲には書きかけの楽譜が散乱している。
見覚えのあるぬいぐるみは、僕がゲームセンターで獲得した景品だ。

しかしそんなことは、いまはどうでもいい。

「くそっ……」

大きく息を吸って、僕はかっと目を見開いた。

落ち着いて、思考しろ。
……あんな一瞬でハルカに引き出せる"村崎みずき"の情報を、
あの深神さんが見落とすことなんて、億にひとつもあり得ない。

つまりみずきの存在を、深神さんは意図的に僕に隠したのだ。

どうしてそんな必要があったんだ?
そしてどうして緋色がいなくなる?

僕は鞄から携帯電話を取り出して、深神さんの電話番号にコールする。

一、二、三、……

三十を数えるまで待ってみたけれど、留守電に切り替わることもなく、深神さんが出ることもなかった。
気がつかないのか、僕がかけた電話には出ないつもりなのだろうか。

……たぶん、後者だろう。
電源が切られていないのは、緋色からの連絡を待っているためだろうか。

僕は立ち上がった。

……くやしい。

どうしていつも、僕だけが部外者なんだ。
どうしていつも、僕だけが取り残されて、ひとりぼっちになってしまうんだろう?

僕がハルカの部屋を出ると、物音に気がついたのか、ハルカがこちらを向いた。
そんな彼に、僕は声をかける。

「ごめん。僕、ちょっと出かけてくる」

とたん、ハルカは顔色を変えてソファから立ち上がった。

「いや、だめだ。さっきも言っただろ? お前も深神さんが帰ってくるまでは……」
「行かなきゃいけないんだ」

僕はみずきに会いに行かなければいけない。
深神さんも、おそらくそこにいる。

もしかすると、緋色もそこに?

いまになってもまるで状況は飲みこめない。
でも、……みずきがあぶないかもしれない。

「おい、待てって!」

強引に外へ出て行こうとする僕のうでを、ハルカがつかんだ。

「蒼太。お前はたまに、ひとりで考え過ぎて、つっ走る傾向がある。
深神さんはお前にここで待っているように言ったんだ、だから」

僕はハルカのうでをふりほどいた。

「僕は、君たちのことをなにも知らない」

出会ったあの時から、ずっと。

「ずっと黙っていたけれど。……僕はいままで、君たちに引け目を感じていた。
君たちってほんとうに気のいいやつらだからさ……、
僕は自分のいやな部分を見せたくなくて、必死に隠してきた。でも、それも今日で終わりだ」

僕は醜悪な人間だ。
自分の意思でつかみ取ったものが、


「僕は深神さんを信じられない」


……友人への反抗と、尊敬していた人への疑いだなんて。

「オレは……」

ハルカは困ったように僕から目をそらし、うつむいた。

「……深神さんがいなかったら、とっくの昔に死んでいたと思う。
オレのことも緋色のことも深神さんは助けてくれて、居場所を与えてくれた。
深神さんは……その、たしかにうそをつくときもあるけれど、悪意をもって、お前をだますような人じゃない」

そして、ハルカは顔をあげた。

「蒼太。ひとつだけ聞きたいことがある。
緋色がいなくなったことと、……"村崎みずき"は関係があるのか?」
「おそらくは」
「……そうか」

ハルカはなにかを言いたげに口を開き、しかし閉じた。

「わかった、これ以上はオレも止めない。
でも、なにかオレにできることがあったら……いつでも言ってくれ」
「ありがとう。……ハルカ」

僕はハルカと目を合わせることができないまま、深神探偵事務所をあとにした。



<<前のページ  【きみひとり】にもどる  次のページ>>