ほん(b)
----------

その少女は、まっ白だった。
髪も肌も服さえも、まっ白だ。

しかしいまは夕陽を浴びて、その白はわずかなオレンジ色に染まっている。
このままどんどんオレンジ色に染まっていって、
やがて夕陽のなかに溶けていってしまうんじゃあないか、とは心配になった。

「……おまえ、なにものだ?」

それが少女から発せられた言葉だと気づくまでに、は時間がかかった。

「……えっ、あ、ぼく? ぼくの名前は、

こんなきれいな少女に、まさか目が合ってすぐ、"おまえ"呼ばわりされるとは思っていなかった。
内心動揺しながらも、はたずねる。

「きみは……だれ?」

少女はじっと、の瞳を見つめた。
そして、いままで読んでいた本を閉じると、に向き直った。

「私の名はベルナデットという。
おまえ……は、はじめて見る顔だ。旅の者か? 行商には見えぬが」

ベルナデットの問いに、は頬をかいた。

「……実はぼく、記憶がなくて、ぼく自身もぼくがなにものなのか、わからないんだ。
でも、この街にぼくを知っている人はいないようだから、きっとちがうところに住んでいたんだと思う」
「記憶……喪失」

ベルナデットは、すこしのあいだ考えこんでいた。

「それは、いつからだ? どこで記憶を失った? ……まさか、"森"でとは言うまいな」
「……あ、やっぱりあの森って、なにかあるんだ?
そういえば郵便屋さんも、あの森にはなにか言い伝えがあるって言っていたっけ……」
「いま、郵便屋と言ったな? ……森に、記憶喪失に、郵便屋、か」

ベルナデットは、「なるほど」と小さくつぶやいたようだった。
なにかいけないことを言ってしまったのだろうかと、はそわそわとたずねた。

「あの……、なにかまずいことでもあった?」
「……いいや。郵便屋がすでにおまえのことを知っているのなら、話もはやい。は、今晩はどこに?」
「妹といっしょに、しばらく郵便屋さんの家で暮らすことになっているんだ。……妹も、ぼくと同じように記憶を失っていて」
「そうか」

ベルナデットはうなずくと、にほほえみかけた。

「それでは私も、今日はといっしょに郵便屋の家へ行くことにしよう」



<<前のページ  【色あせた手紙】にもどる  次のページ>>