こたえ(c)
----------

街なかの裏路地まで神さまを追いつめたところで、神さまがくるりとふり返った。

「ぜぇ……っ、な、なんで追いかけて来るんだよ……っ」

あい変わらず、街なかだと体力のない神さまだった。
はげしく息切れをしている神さまに、が言った。

「……神さま、ぼくが出した答えを聞いてくれ」

神さまは、一瞬きょとんとした。
それからすぐに、すう、と目を細めた。

「……ふうん。じゃあ、話してごらんよ」

神さまはいまだ、ただの少年のすがただ。
そのはずなのに、神さまにまっすぐ見られると、まわりの空気がふるえる気がする。

は言った。

「"悪夢から覚めれば、呪いは解ける"。
……つまり願いを叶えてもらった人間はいま、代償として"悪夢"を見せられている状態だ。

……郵便屋さんの悪夢は、"負の感情を失うこと"。
ベルナデットの悪夢は、"人の記憶にとどまることができないこと"。

一方、ぼくとの場合は、願いはあとで、代償が先だと神さまは言った。
代償が先だということはすでに悪夢は見ているはずなのに、感情はあるし、人にだって覚えてもらったままだ。
いまのところ、特に不便に感じていることもない」

は続ける。

「これだけの材料だったら、たぶんここから考えが進まなかったと思う。
でも、そこにフミが現れた。フミは、別の星からやってきた"ロボット"だ。
"ロボット"は、きっとこの星にはまだない言葉だけれど、ぼくたちは知っていた。
どうやらぼくたちの常識はこの星よりも、フミのいた"こことは違う宇宙の星"のほうの常識に近いらしい」

神さまは、微動だにしない。
はごくりとつばを飲みこみながらも、言う。

「記憶がもどったベルナデットも、この世界とは別の世界から来たと言っていた。
そしてこの世界に来たのは、願いが叶ったからだ、と。

つまり、世界はひとつじゃあない。
フミがいた世界や、ベルナデットがいた世界があって、いまぼくたちがいるこの世界がある。

でも、ぼくたちはまだ、ベルナデットのように願いごとを叶えてもらっていない。
フミのように、宇宙船に乗ってこの星にやってきたわけでもない。

……ぼくたちが記憶を失う、前とあと。
つまりそれはぼくたちが悪夢を見せられる、前とあとだ。変化があったとするなら、それは……」

証拠があるわけではなかったけれど。
その答えに、迷いはなかった。

は神さまに言った。

「別の世界からこの世界へやってきたこと。それが、ぼくたちが見ている"悪夢"だ」



<<前のページ  【色あせた手紙】にもどる  次のページ>>